VoiceActorClass


声優科

声優 その職業に憧れ、なりたいと思っている人は人気の業種だけに近年非常に多いです。 でも、現実は基礎力がしっかりと礎に有り、演技力も兼ね備え、表現力豊かに自分の声を何色にもコントロール出来る技術を持たないと、その職に付いて安定した仕事をする事は出来ません。
その為に、当校のカリキュラムは、まず発声・ヴォイストレーニングの先生の授業中で、声帯、咽喉だけで声を操るのでは無く、体の色んな部分の使い方を指導し、骨を共鳴させる発声指導や、声優の先生の授業では滑舌をはっきりさせるトレーニングや、本読みに始まり、映像に合わせて声を充てるアテレコ実習や、演技指導の先生の授業では、色々なシチュエーションを想定した演技者としての演技処理技術の勉強に始まり、発表会に向けての細やかな演技指導を受けたりと、声優になるにはどれも欠かせない重要な要素が身に付くようなカリキュラムで構成されています。

そして、音楽的な力も身に付ける為に、アンサンブル授業ではバンド形式の中でヴォーカリストとして歌を唄う授業、楽器の知識、技術も身に付ける副科の授業、リズム感ダンスの基礎を身に付ける副科ダンスの授業と、近年声優としての活躍の場面は声優としての仕事だけで終わらず、歌を唄う、ダンスもすると言った場面での活躍をする事をも想定した盛りだくさんの授業内容になっています。
セリフは歌を唄う様に現せ、歌はセリフを読む様に現せ、演技と音楽・豊かな表現力が身に付く中身の濃い授業内容で構成されています。
当然、高校の授業にも有り、“高校卒業資格”を同時に手に入れる事ができます。

アクセント 正しい言葉のアクセントを身につけましょう。 日常生活で何気なく使っている言葉でも、間違ったアクセントで使い続けている事がよくあります。 正しいアクセントを知り、繰り返し訓練することで身につけていきます。
滑舌 一人ひとりの苦手な箇所をチェックし、克服出来るようにしていきます。
朗読 小説や物語の朗読を通して、集中力や台詞と台詞の間、行間を読みとる力を養います。
ナレーション 長い文章に負けない力を身につけます。内容を理解して伝える能力を高めます。
アフレコ 実際に体験してみます。やってみて改めて気づく事を考え、解決していきます。
オーディオドラマ 音だけの演技を通して見えない景色や状況を想像する力を養います。
自己観察 自分のことを知らなければ相手に自分を売り込む事はできません。 自分の個性や得手不得手を把握して自己プロモーションに役立てましょう。
観察力 何気なく見ている物の中にも演技へのヒントは隠れています。 映画や舞台はもちろん、絵画や写真、日常の風景、それらを意識的に見て感じる事で、演技に活かせる観察力を養います。