レコーディング実習


CD制作やオーディション資料に活用

レコーディングそのものの知識や経験だけではなく、『正確にリズムや音程を保たねばならない』独特の緊張感の中で、どれだけの演奏ができるかを体験してもらう授業です。

バンド練習で普段何気なく出来ていたことが、いざ録音となるとリズムや音程が悪いことに気づいたり、緊張してできなくなったりするものです。
ヴォーカル・ギター・ベース・ドラム・キーボードなど、パートごとのレコーディングをはじめ、バンドでのオリジナル曲をレコーディングすることも可能です。
CD制作や、オーディションへの資料などにも活用できます。
現在クラスが無いジャンルでも、各パートごとに希望者が集まれば、新しいクラスを作る事も可能です。